目指せ足首美人! 痛い靴擦れの原因と4つの対策

目指せ足首美人! 痛い靴擦れの原因と4つの対策

靴とかかとが擦れることで起きる靴擦れですが、足首美人に靴擦れ跡は不似合ですよね。

靴擦れがあると、擦れるたびに痛みが増して、泣きたくなるほどの痛みを感じる人もいます。
しかし「痛いからといっても絆創膏をつけているのも恥ずかしい……」と思う人も多いでしょう。
「ファッションは我慢」とは言うものの、膿むのを我慢して靴を履くことは危険としか言いようがありません。

今回は、靴擦れが出来てしまう原因と対策について紹介します。
靴擦れの原因を改善して、靴擦れ跡のない綺麗な足首美人を目指しましょう!

 

どうして靴擦れが起こるの?

靴擦れの原因は、「足と靴のサイズが合っていない」「足のむくみ」「歩き方」「足の形状」が考えられます。
足と靴のサイズが合っていないと、空間のある部分で足が動いてしまい靴擦れが起きてしまいます。

またサイズが合っていたとしても、足がむくむことで足と靴のサイズが合わなくなってしまい靴擦れが起きてしまうのです。
硬い素材のパンプスやローファーを履いている場合は、足のむくみによって靴擦れを起こしやすくなるので注意しましょう。

歩き方や足の形も靴擦れの原因?

靴擦れの原因は靴だけでなく、歩き方や足の形状にも考えられます。
歩き方によって靴擦れが起きている人は、左右で靴のすり減り方が違うという特徴があります。
そのような人は、歩き方に気を付けるだけで靴擦れが改善されます。

親指や小指の骨が出ている、足の横幅が一般の女性よりも広い、甲が高いなど足の形状によっても靴擦れは起こります。
靴のサイズ自体は合っていても、足の形状によって靴擦れが起きてしまうのです。

大量生産されている靴は一般的な足の形に合わせて作られているので、自分の足に合わせて靴を作ってくれるブランドを利用すると靴擦れを起こさない靴を手に入れることができるでしょう。

 

靴擦れが起きたときの対策とは?

目指せ足首美人! 痛い靴擦れの原因と4つの対策

・ベビーパウダーをつける
ベビーパウダーをあらかじめ靴の内側に塗っておくことで足の滑りがよくなり、靴と足の摩擦を軽減することができます。

・絆創膏を貼る
絆創膏を貼ることで、靴と足が直接擦れないように保護することができます。
ブーツやスニーカーなど内側が見えにくい靴の場合は、足のかかとと靴の裏側に直接絆創膏を貼ってしまうのもおすすめです。

・固形石鹸をこする
水分をつけていない固形石鹸を靴擦れしやすい部分と靴の中に擦っておきます。
そうすることで靴と足の摩擦を軽減することができます。

・インソールを入れる
市販のハイヒールを自分の足にぴったり合わせるということは非常に難しいです。
そこでインソールを入れることで、靴の中の隙間を埋めることができ、摩擦を軽減することができますよ。

日常的に靴擦れを起こしていると、その部分だけ角質が硬くなってしまいます。
靴擦れの対策を行いながら、角質ケアを行うということも大切です!

靴擦れを予防して、綺麗な足首美人を目指しましょう!