放置は厳禁! 巻き爪の5つの原因と治し方

放置は厳禁! 巻き爪の5つの原因と治し方

足の爪のトラブルの1つに「巻き爪」というものがあります。
「巻き爪」は、足の指にある爪の両端の先端部が強く内側に湾曲した状態になることです。

身近な爪のトラブルと考えている人が多いですが、放置していると湾曲した爪が肉に食い込むため、強い痛みを引き起こします。
さらに爪が食い込んだ皮膚が化膿し、痛みによって歩くことができなくなる場合もあるほどです。

できるだけ早く治したい巻き爪の、5つの原因と治し方をご紹介します。

 

困った巻き爪 5つの原因

サイズの合わない靴を履いている
小さなサイズの靴を履いたり、足先の細くなった靴を無理に履いていると、指と爪が圧迫されます。
圧迫されることで爪が押さえ込まれ、巻き爪になってしまうのです。

また、大きすぎる靴を履いている場合も巻き爪の原因となります。
大きな靴を履いていると、靴の中で足が自由に動いてしまうため、指が靴に当たる事で巻き爪を引き起こしてしまうのです。

ハイヒールを頻繁に履いている
ヒールの高い靴や先のとがったヒールは、指先に体重が集中します。
そのため、爪を圧迫することにつながり、巻き爪となってしまうのです。
ヒールを履く習慣がある人は、中にインソールを入れて足を固定するなどして、先端に体重がかかり過ぎないようにすることが大切です。

深爪の傾向がある
爪を深く切ってしまう深爪は、巻き爪の原因となります。
深爪をすることで爪のまわりの皮膚が盛り上がり、爪が成長したときに食い込んでしまうのです。
巻き爪の痛みを軽減したいがために深爪にしてしまう人も多いようですが、結果的に巻き爪を悪化させることになるので、決して深爪をしないように注意しましょう。

スポーツ
足の指や爪に負担のかかるサッカーやジョギング、テニスなどのスポーツは巻き爪の原因となることがあります。
激しい摩擦や打撃などによって爪の側面に炎症が起こり、肉が盛り上がってしまうことがあります。
それが爪を圧迫し、巻き爪になってしまうのです。

体質
後天的な原因はたくさんありますが、爪の形状が元々巻き爪であるという人も多いです。
また、爪が薄くて柔らかい人も巻き爪になりやすいという特徴があります。

巻き爪の治し方

放置は厳禁! 巻き爪の5つの原因と治し方

巻き爪の治し方としては、専用の器具を使用して巻き込んだ爪を伸ばすという方法があります。
自宅で治すのはリスクが伴うため、必ず形成外科や皮膚科を受診するようにしてください。

病院にかかることになる前に、自分で予防できればそれが理想的です。
自分の足のサイズに合った靴を履く、ハイヒールを頻繁に履かないなど、できる範囲で対策していくようにしましょう。
もっとも意識すべき事は、適切な爪の切り方です。

爪の先端を1mm程度残し、四角く切ることで巻き爪を予防することができます。
少しの意識で日頃から巻き爪を予防することができるので、我慢できないほどの痛みになるまで放置しないように早めに対処しましょう。