女性を悩ませる足のかかとのガサガサ! 3つの原因と改善方法

女性を悩ませる足のかかとのガサガサ! 3つの原因と改善方法

寒い冬が遠のき、これから少しずつ暖かい日が増えてくる季節になりましたね。
サンダルやパンプスなどを履く機会が増えるため、ガサガサのかかとが気になるという方は多いのではないでしょうか?

やすりや軽石で削り落とすケアをしている方も多いようですが、それでは乾燥を加速させ、余計にひどくなってしまう可能性があります。
今回は、かかとがガサガサにかたくなる原因と正しい改善方法をご紹介します。

 

気になるかかとのガサガサ 3つの原因

外部刺激(歩行による摩擦など)
足のかかとは体重がかかりやすく、歩行によって摩擦が起こりやすい部分です。
そのため体の中でも特に角質が厚くなってしまう傾向にあります。

また、歩行による摩擦以外にもサイズの合わない靴を履いている人は要注意です。
靴の中で足が圧迫されたり、足が動いてしまうことで摩擦を起こします。
そのため足のかかとの角質がさらに厚くなってしまうのです。

乾燥による角質化
足のかかとは皮脂腺がないため、油分が不足しやすい部分です。
そのため足の裏は非常に乾燥します。

乾燥を放置するとさらに角質化が進んでしまい、ひび割れや皮剥けなどの原因になるのです。

加齢やストレス
加齢やストレスなどで肌の再生力が衰えてくると、角質が剥がれ落ちる機能が低下します。
そのため古くなった角質が蓄積され、かかとの角質が厚くなりかさついてしまうのです。

また、ストレスや疲れはホルモンバランスの乱れの原因にもなります。
ホルモンバランスが崩れると、肌の新陳代謝やバリア機能が低下するため、肌の再生がうまく行われずにかかとの皮膚が分厚くなってしまうのです。

ガサガサかかとの改善方法とは?

女性を悩ませる足のかかとのガサガサ! 3つの原因と改善方法

かかとのかさつきを改善するのに大切なことは、「角質除去+保湿ケア」です。
角質を取らずに保湿ケアを行っても、保湿成分は浸透しないため、効果が弱くなってしまいます。
まずはかかとのかさつきの原因である角質を除去してから、保湿クリームを塗るなどの保湿ケアを行いましょう。

角質除去の方法は軽石などを使うという方法もありますが、場合によってはかかとを傷つけてかさつきを悪化させてしまうことも。

最近では簡単に足のかかとの角質を除去するパックやピーリングジェルが販売されているので、そのようなものを使うと簡単に角質を取り除くことができます。

保湿ケアはハンドクリームや身体用の保湿クリームでもOKです。
保湿効果が弱いと感じる場合は、フットケア専用の保湿クリームを使うと良いでしょう。

お風呂上りは特に乾燥しやすいので、素早く保湿ケアをしておくことをおすすめします。
足のかかとケアを日常的に行って、綺麗なかかとを手に入れましょう!